今日からアクアリスト

discushome.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 18日

色々

一日二回書くのもあれだが、書く。


ショップ行ってきた。買うものはかなり長考した末…

エビシェルターを買った。
エアポンプや濾過ボーイのことなど丸投げ同然。
どうせクリスマスにお年玉と子供にはうれしいイベント満載。
後にでは間に合わないほどでもない。

効果は分からない。だがエビが興味を示すところを見ると
どうやら気にはなるようだ。期待してみようか。


さて、今日行ったショップで俺は衝撃を受けた。
面白いと思った水草が偶然入荷していた。

「ポゴステモン・ヘルフェリー」

ヘンテコな名前だがその姿はなんとも面白い。
なんだ…その。小さいレタスみたいな水草。前景に使われるようだ。

参考http://blog.newtokyo.net/archives/2005/05/post_90.html

この水草はアクアライフ12月号の岩本氏宅のレポートに掲載されていた。
こういうエビとつりあう程度の大きさの水草には目が無いのが俺の性。

さっそく店員に飼育難度を質問。

俺「あの、この水草って飼育難しいですか?
  蛍光灯1~2本じゃ無理ですかね?」
店「うーん、何ワットですか?」
俺「20Wくらいです」
店「すいません、少々お待ちください(上の人に聞きに行く)」
  ・
  ・
店「強い光があれば大丈夫です。無ければCO2が必須ですね。
  成長は非常に遅い部類なので、コケや食害に襲われるケースが多いそうです
  ちょっと難しいと思います。」
俺「そうですか。ありがとうございました」

案の定こうだ。分かってたさ。無理なことくらい…
俺は蛍光灯1本。CO2無し。水草が育つのが不思議な水槽だ。

だが、上記の参考サイトによれば蛍光灯2本とCO2で十分のようだ。





というわけで、60cmポリプ水槽とライトを交換してきた。
薄暗いほうがかえってポリプが映える気がする。

流石は2灯。眩しいくらいに明るいぜ。

CO2は発酵式を使えばいいだろう。あとは拡散搭だな。
まあこれは本体と比べ安く買えると思うのでなんとかなるだろう。

この草。高温や薬にかなり弱いらしく、特に水温は28度前後でも溶け失せるほどらしい。

まあ転んで何ぼだ。挑戦する価値はあるとオモ
[PR]

by sono-ryo | 2005-12-18 21:54 | 飼育


<< 色々      復活 >>