今日からアクアリスト

discushome.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 30日

海水の定義

個人的に海水をするには大型水槽という定義がある。
これは恐らく大部分の人が考えるだろう。

そして、
・外部槽濾過
・メタハラ
・プロテインスキマー
この三要素が同じように定義されている気がする。

今回はプロテインスキマーに注目。

さて、プロテインスキマーとは一体なんだろうか?
どうやら物理濾過機の一種で、バクテリアに分解される前の微細なゴミをとる機械。
動力源は三つほどあるようだ、今回はその中の「ウッドストーン式」に注目。

ウッドストーンとはエアレーションに用いる石の一種で、微細な泡を出す。
その微細な泡に、スポンジではこし取れないほど小さい汚れ、ゴミが吸着する。
そのまま泡と一緒に押し上げられて水槽外に出す。これがプロテインスキマーの原理。

最低でも4000円で、元々小型水槽には使わないそうだ。まあ大きさが大きさだからな。

ん、まてよこの機械、ウッドストーンさえあれば自作できるんじゃないか?
検索にかけると思ったとおり有った。ペットボトルと水槽用シリコンボンド、あとウッドストーンで作れるらしい。
容器を工夫すれば邪魔にもならないだろう。近々作ろうと思う。

ちなみに淡水には使わないそうだ。
淡水の水には粘りが無く、微細な泡が作れないため本来の力を出せないとか。
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-30 17:21 | 飼育
2005年 11月 29日

着々充実

底面式フィルターとウールマットを購入。
ウールマットは細かいサンゴ砂が底面式で詰まらないようにするためだ。

メタハラ(ADA)がセールにでる模様。
値段は34,440円だそうだ。高いんだよバーカ


昨日ネットでヒメジャコ飼育に必要な光がどれくらいかを調べていた。
その中で気になる商品を発見した。 「ミニレフランプ」というもの。

特殊生地ガラスを採用し、太陽光に近い光を出すライト。
主に爬虫類飼育に使われるライトらしい。W数は色々あるようだ。

サイトではミニレフランプ2ヶと蛍光灯多数で140Wを用意したらしい。
ヒメジャコやオオバナサンゴ、ロングテンタクルなどの光を必要とする無脊椎も難なく飼育できたようだ。
機材ランプ込みで2,780円。普通のライトより高めなくらいか。近くの店で探してみよう。


いざ購入するときだが、ヒメジャコの選び方も自分なりに考察してみた。

まず、ヒメジャコは外套膜に共生藻を持つ、そのため生きるのである。
店のヒメジャコは外套膜はあまり大きく広げていないが、ネットの画像では大きく広げているのが多く見られる。
これは光が不足し、光に接する面積を多くしようとするためである。
だから外套膜を大きく広げるのは光不足で不適合環境、それが故調子もよくないはず。

駄文だったか。
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-29 17:57 | 購入
2005年 11月 28日

ネタのごった煮

硝酸塩は嫌気性バクテリアが分解できるらしい。らしい だ。
謎は解けたが使う気はさらさら無い、水に流す。

ヒメジャコガイ…諦め切れないな。
とりあえず現在は
ライブロック:2000円
比重計:1600円
ヒーター:1000円
アンモニア検査薬:2300円
人工海水:3200
 合計:10100円
この予定。他は自費で買おうかと。


さて、俺が作りたい水槽に入れたい生体は
・エビ
・ケヤリムシ
・ヒトデ(エサ)
・ヒメジャコガイ
この五つである。水を汚すのはエビだけだろう。生きている間は、な。

これがどういうことか分かるだろうか?そう、この生体達は皆腐敗が早い。
特にエビは水質悪化で死ぬ可能性もある、ケヤリだってそうだ。
どれか一匹が死んだだけで全滅しかねない…小型水槽である以上、観察は怠れない…

百歩譲ってケヤリを捨ててもヒメジャコ…貝は死ねば特に水を汚す。



うーん
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-28 17:55 | 飼育
2005年 11月 27日

テトラナイトレイトマイナス

テトラナイトレイトマイナス この商品を知っているだろうか。
これはなんと硝酸塩を除去するという夢の商品だそうだ。

分解工程:
たんぱく質→アンモニア→亜硝酸→硝酸塩→亜硝酸→窒素ガスとなって空気中へ。
これは薬品を使わず、バクテリアが行うのだそうだ。

・・・無理だ。
硝酸塩を分解できるバクテリアなんて聞いた事無い。
それともテトラが作ったのだろうか?それを480円で販売?ありえない。
俄かには信じがたい…だが事実下がらないとしても、テトラのこの類の商品は良いと評判である。

まあ、んなもんは後々考えるか。

そういえば、沖縄ではヒメジャコガイを食べるそうだ。アワビとサザエの間の味がするとか。
食用になるので乱獲が進み、現在は野生では少ないらしい。
ちなみに食用も生体も沖縄で養殖されたものらしい。



沖縄に行けば安く買えるんじゃね?だが家まで持たない罠orz
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-27 20:57 | 飼育
2005年 11月 26日

ヒメジャコガイ

購入カテである。サンゴ砂を買った。
まあ、んなこたどうでもいい。

今回は前回のヒメジャコガイについて食いついてみる。

ヒメジャコガイは最大でも10cm程度の小さいシャコガイである。
体内に共生藻を持ち、その藻が光合成するおかげで生きることができる。
だから無論、強い光が必要になるわけである。

俺が現在使おうと思っているライトは貧弱なクリップライト。
ワット数が二桁にいくかいかないか、その程度。
こんな光量では育つ生き物も育たない。バカである。

そのため、強い光が必要となる。早い話が、

メタハラ必須

ということだ。
メタハラとはメタルハライドランプの省略系。
簡単に言うと、太陽により近く、光が強い照明。

こいつは海水の無脊椎を育てる場合ほとんど使われる。
もっと正確に言うとサンゴ飼育には向かないそうだが…工業用なら使えるだろう。
少しばかり小難しい話になった。ヒメジャコガイに戻そう。

このヒメジャコ、「共生藻なんていなけりゃいいのに!」ともいかないようだ。
たとえ共生藻無しで生きられたとしても、特有の光沢がなくなるとか。
あっちを潰せばこっちが立つ。ようするに強い光がなけりゃ無理なんだよ という訳。

さっきも書いたように俺はクリップライト。水草でさえ枯れてしまう。

メタハラの流通価格は1万~3万程度。たかが照明なのに。「それなんてぼったくり?」て感じだ。
まあ値段の分それに相応しい利点。だが良い所尽くめともいかない。

俺は「小型水槽」と限定している。これがどういうことか。
メタハラは高光量な上、低くても70~80Wという強い照明。
つまり、発熱が凄いのである。

小型水槽は水温の上昇、降下。水質の変化も目まぐるしい。
メタハラ…俺とは無縁なのだろうか。

だが、あるサイトでは淡水の30cm水槽にメタハラを使っていた例もある。
しかもその水槽でビーシュリンプをメインに飼っていた。その結果は大成功。
爆発的に繁殖…とまではいかないが、水温による没固体は一度もでてないそうだ。

もしかしたら使えるかもしれん。店員としっかり考えて決めてみる。



さて、次は海水全般の話。

ある店の店長に話を持ちかけた、「海水で底面式はおk?」と。
返答は俺を落胆させるものだった、「お勧めではない。」と、はね返された。
なんと、砂には毒がたまってしまうそうだ。

では毒とは?そう、その毒が問題なのである。
アンモニア?それは微生物が分解する、
それで出来る亜硝酸?俺がやるのはサンゴではないんだ。
友人曰く、「硝酸塩のことでFA?」だそうだ。

硝酸塩は水槽内の物質を分解していくと最終的にできる物質。
対策は水換えしかないそうだ。
これは砂に蓄積し、底面式ではその毒を巻き上げるに等しい。ということであろう。

ん?ちょっと待てよ。これは淡水にだって蓄積する物質だ。農園だってそうだ。
じゃあ元々底面式なんて作られないし、使えないだろ。その店では底面式をもっぱら取り入れている。




なぞは深まる一方。

淡水のことも書きたいが、バカみたいに長くなったので又の機会にする。
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-26 23:41 | 購入
2005年 11月 25日

(゚д゚)ハァ?

「このメニューの権限がありません」とか出てきて二度も日記を消された。
箇条書きにする

・フリソデエビの入荷状況を調べてる。ペアでの入荷が少ない模様
・45cm水槽でヒル発生。不覚にも逃げられる
・ヒメジャコガイやってみたいなと思ってる

終了
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-25 17:10 | 飼育
2005年 11月 23日

プロホース

久しい購入カテゴリ!だが生体は買っていない。

プロホースを購入した、メジャーな良質商品と聞いたが…
百聞は一見にしかず。かえって早速使ってみた。



























凄っ


上下に振るだけで排水ができる。
その上延長できるから流しまで一直線に水を流せる。
砂を吸い込まないし安い。ただ凄い。
久しぶりに良い買い物をした。

余談だが明日はマラソン大会。てるてる坊主を逆さに吊るして雨を待つ。

今日はこのへんで。
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-23 22:51 | 購入
2005年 11月 22日

無題

書くことないなぁ。
買いたい海水の道具でも書くかぁ

ライブロック:2000円
比重計:1600円
サンゴ砂:1000円
ヒーター:1000円
カバー:600円
底面式:400円
アンモニア検査薬:2300円
人工海水:3200

合計12100

高いorz
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-22 19:13 | 飼育
2005年 11月 21日

セット買えない

セット買ってくれません。俺も子供ではない、あきらめた。

http://www.rakuten.co.jp/biotop-jp/309112/312957/460126/#427642
セットとはこれのこと。テトラ社だけに信用できないところもあるが…
水槽(41×25×38Hcm)専用ガラスフタ、グラスフック×4
26℃セットヒーター100W-IC
テトラエックスパワーフィルター60
テトラリフトアップライトLL-3045
熱帯魚フード(テトラミン20g)
水質調整剤

これだけついて14000円は凄いのではないだろうか。
バラで買っていけば倍はする。安い。

で、海水の夢が潰えた。とは言わせない。
35cm水槽が余っている。正確には余っていないのだが…
凶暴な魚、要らない魚を放り込んだお粗末水槽になっている状態。
中の魚は他のタンクに入れるか、残虐処分か、店に持っていくか。
トランスルーセントグラスキャット、クラウンローチ、ネオンテトラは他のタンクへ。
ベタ、グッピー♀、ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー、スリーラインペンシルは未定。

次は海水の話である。
海水にはたくさんの用意がいる。淡水とは訳が違う。
水換えに金がかかる。水道代以外でかかるなんて信じられない。
無論、金欠なので自分で買い揃えることなど不可能。

ということで、俺は世紀の大イベントX'masを利用する。
とりあえず14000円よりは安くする予定である。
サンゴ砂、ライブロック、亜硝酸検査薬、アンモニア検査薬
その他etc…買う事ばっかり考えている今日この頃。
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-21 17:40 | 購入
2005年 11月 20日

企み

インターネットを使って海水用のセットを散策中にとっても安いセットを発見。
それでもレグラス30セットの三倍orz
せがみにせがんで買ってもらおうと申請中。バイトしたいなぁ。
でも、通販で売ってるのに親が店に取り寄せてもらえばいいって言ってはるんですよ。

保障とかあるし、ガラスは割れ物だから厳重に運んでくれるっての。
俺の親は人間不信ですよ。まあ、親が支配下だし…スネかじってる俺が言っていいことでは無いか。


ポリプテルス・セネガルスはずいぶんメダカの捕食が上手くなった。
デルは相変わらずスローイーター。見つけたら食う感じ。
一応餌付けも成功しました。夜あげると朝は一欠けも残ってない。
60cm水槽は茶ゴケに覆われました。コケ取りメンドクセ。
そのうち貝でも入れますか。

そういえばポリプの寿命はかなり長いそうだ。
一度飼ったら10年や20年暮らす覚悟でいろ との事。
ようするに成人から三十路まで付き合うわけか…人生の友だな。
まあそこまで飼育してやれるかなんて考えててもしかたない。終生飼育はしてやりたい。

ぐだぐだなんで、また。
[PR]

by sono-ryo | 2005-11-20 12:07 | 飼育