今日からアクアリスト

discushome.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 31日

ノーザン・バラムンディ


e0056034_17314639.jpg
ノーザンバラムンディがものすごくデカくなってる。
玄関に水槽があるから、ゆっくり眺める機会が無くて全く気づかなかった。
だってもう、サイズが20cmはあろうというポリプ越えてるんだもん。

確かノーザンは去年の10月18日に買ってきたんだから、もう一年になるわけか…
120cmはまだしも、最低でも90cmは用意しないとこりゃ持たない。
でも90cm買ってもいずれ飼えなくなりそうだし、最初から120cm買いたいところか。
しかし置き場が無い事実…どうしたもんか。

しかし相変わらず臆病癖が治らないノーザン。
そろそろ人になれてもいいと思うんだけどなあ。
[PR]

by sono-ryo | 2007-10-31 17:32 | 飼育
2007年 10月 30日

消えたカウデルニィの謎

本日朝、プテラポゴン・カウデルニィ一匹が行方不明になった。
どこを探しても死体も無ければ骨すら見つからない。
流石にライブロックは動かしたくないので確認していないが…恐らくそこで死んでいるのかもしれない。
いずれにせよ惜しいことをしてしまった。南無阿弥陀仏。
他の二匹は順調に環境に慣れていている。
すでに水槽前に近づくとエサくれダンスを踊る始末。
e0056034_16531090.jpg


クリルを食べるヒョウモンダコ
ハリガネにつけたクリルを近づけるとこのように捕食する。
この捕食シーンは見ていて飽きない。
エサあげてるときが一番楽しいかもしれない。
でもカウデルニィとクリルを取り合うのはやめてほしい。
[PR]

by sono-ryo | 2007-10-30 16:55 | 死亡
2007年 10月 29日

プテラポゴン・カウデルニィ

e0056034_2213090.jpg

プテラポゴン・カウデルニィという魚を購入した。
3匹でなんと2500円、小遣いが吹っ飛んだ。

タコはなにぶん隠れることが多く、水槽が寂しい。
というわけで、少ない数で水槽内が鮮やかになるようにと購入したのだが…
こいつ、なんとタコにケンカを売る強者だった。
タコが優雅にすいすいーと水槽内を探索していると、それに反応してすばやくタコに接近。
タコも負けじと、今にも食らいつくのではないかという色で威嚇。まさに一色触発。
何事もないことを祈りたい…ああ、魚の購入は失敗だったかもしれない。
■追加
プテラポゴンが一匹死にそうだ…
餌だって普通に食べてるし、亜硝酸も硝酸塩も特別高いわけではないし原因が分からない…
ひょっとしたらアンモニア自体が分解されてないのかもしれない…死なないことを祈る

[PR]

by sono-ryo | 2007-10-29 22:15 | 購入
2007年 10月 27日

懲りずにヒョウモンダコ

今日のヒョウモンダコ動画
ブルーのライトのみなので暗くて見づらいかも。
だってライト暗くしないと出てこないんだもの。

e0056034_1934424.jpg

この画像の中にヒョウモンダコが隠れている。
さてどこでしょう。
正解はMoreを

More...
[PR]

by sono-ryo | 2007-10-27 19:37 | 飼育
2007年 10月 26日

動画うp

ヒョウモンダコ動画をアップロードしてみた。
できればこちらのブログに埋め込みたいのだが、どうやら対応していないらしい。不便なブログだ。

クリルを食べるヒョウモンダコ

このあと、エサを食べている姿を写真で撮ろうとすると…
e0056034_1864033.jpg

凄い色で威嚇してきた。
写真だと若干劣化してしまうのが残念、是非実物を見て欲しい。

ちなみにこのあとタコはさっさと水槽裏に隠れてしまった。

■追記
動画を二つほど追加してみる。
ちなみに音量を調節すると音が聞こえるが、全部テレビの音なので意味ナシ。

接近するヒョウモンダコ
ご立腹なタコ

[PR]

by sono-ryo | 2007-10-26 18:12 | 飼育
2007年 10月 26日

クリル餌付け成功

ヒョウモンダコにクリルをあげたら食べた。
ハリガネにクリルを刺して、それを顔の前に持っていって揺らすとしがみ付いてくる。
間近で見る捕食シーンは凄かった…威嚇色がものすごく毒々しい。

図書室でヒョウモンダコについて調べてみたところ、ヒョウモンダコは他のタコに比べ吸盤なども小さくひ弱らしい。
強い毒をもっているため、特別強い吸盤などがいらないからと考えられているらしい。

さてヒョウモンダコの持つ毒はテトロドトキシンであるが、これはそっりゃもう恐ろしい毒らしい。
なんとタコが一回の捕食時に使う毒だけで人間10人ほど死ぬらしい。
それこそ青酸カリなどが足元にも及ばないほど。
さらに厄介なことに解毒薬がなく、おまけにタンパク質性の毒でないため熱処理をしても消えない。
またヒョウモンダコは肌に噛み付いて血液に直接毒を吹き付けるため、毒が回るのが早いらしい。
…調べてるうちに怖くなってきた件(^ω^;)

写真は取れなかったのでまた後日。
それとスキン変更した。
[PR]

by sono-ryo | 2007-10-26 00:50 | 飼育
2007年 10月 21日

ヒョウモンダコ

e0056034_17365983.jpg

無事到着。
とりあえず今のところ脱走する気配とかは見当たらない。
でもなにぶん小さい上にすぐ隠れるタコなので、脱走しているのに気づかないかもしれない…
寝ている間とかに噛まれたりしませんように。

水質は
亜硝酸濃度 0.5mg/L
硝酸塩濃度 10mg/L

まあ、これから頑張ります。
[PR]

by sono-ryo | 2007-10-21 17:44 | 購入
2007年 10月 19日

タコが届くらしい

本日午前三時ごろ、通販サイトよりメールがあったらしい。
21(日)以降に届けられるそう。楽しみだ。

にしてもタコは今の時期だと完全にシーズンオフなのに、どうしてはいったのだろうか…?
問屋に頼んで抑えてくれていたのは分かるのだけど。
海外からの入荷かな?って、それは流石にないかな。
まあ入ったんだからよしとしよう!イヤッフゥー!
[PR]

by sono-ryo | 2007-10-19 23:18 | 飼育
2007年 10月 07日

カニの大脱走

昨日風呂に入ってて体を洗おうと思ったら、なんか足元に黒い何かがいたんだ。
「ああ、またゴキブリか」と思ったんだけどどうもゴキブリに見えない。
顔を近づけてよく見ると…イソガニ。

最初は目を疑ったけど、これはどう見てもカニ。しかも水槽で飼ってたやつ。
最近見えないと思ったらこんなところにいやがった。
もう死んでるだろうなと思って、掴もうとしたら

指、挟まれた

まさか生きてるとは思わなかった。
今でもそいつは水槽の中で元気に生きてる。まさに不死身…。

先日も書いたようにタコを注文したんだけど、まだ届かない。
どうやら在庫が無いそうで問屋に発注してるところらしい。
換水しながら楽しみに待ってます。
[PR]

by sono-ryo | 2007-10-07 20:47 | 飼育